前竹泰江はガラス細工のエングレバーとしてチェコ、プラハにて活動を経た後、より多義にわたる素材を作品に使い始めたことをきっかけに、以来、ニューヨークを拠点に 作品発表行う。鉄溶接、木工、樹脂加工そして紙漉技巧といった素材そのものとの向き合いの中で、手作業によって構成される彫刻を主に手がける。現代の知識優先の社会生活の中で、感覚的な人間が本来持つ知恵を視覚的に立体として表現することを試みている。前竹は、Fons Welters ギャラリー/プロジェクト・スペース(アムステルダム、オランダ); Harris Lieberman ギャラリー(ニューヨーク); Espacio 1414, The Berezdivin コレクション (サン・ジュアン、プエルトリコ); クイーンズ美術館, (クイーンズ、ニューヨーク); Fredric Snitzer ギャラリー(マイアミ、フロリダ)などアメリカ国内と国外において作品を発表している。2014年度の文化庁新進芸術家海外派遣制度にて、ガーナのEl Anatsui スタジオでレジデンシーを行う。2016年の春にはブルックリンのHometownギャラリーにて二人展「Passing Index」を発表し、2017年秋にTHE CHIMNEY ギャラリーで個展を行う。最近では従来の展覧会活動のほか、ポスト・ヒューマニズムや環境学などをテーマとした学術チームとのコラボレーションやレクチャー活動も始め、2018年に北京で行われる世界哲学会議(WCP)では、パネルトークを行う。コロンビア大学で修士号取得。現在はニューヨークのクイーンズのスタジオで制作。東京都出身。

アーティストステートメント